競馬はギャンブルではなく投資という考え方

 

 

 

競馬にはまっていると言うと、いいイメージがしないと思います。

 

運営元は農林水産省、つまり国だとは言っても、
良くも悪くもギャンブルであるからだと思います。

 

パチンコほど自己破産のイメージは強くないかも知れませんが、
それでも自分の限界を超えてお金を使ってしまい、
サラ金でお金を借りてしまうといった人も出てきてしまうでしょう。

 

人間というのは欲深いものですから、一度勝つと調子に乗りますし、
負けてしまうと損した分を取り返そうと躍起になるのだと思います。

 

でも、感情的になって競馬を始めとするギャンブルをやっていても、
よほどギャンブル運があったりデータ解析に長けている人くらいしか、
成功を収めることは困難と言えるでしょう。

 

年間収支が100%を超えている人の方が遥かに少ないはずです。

 

でも、競馬を感情で馬券を買ったりするのではなく、
決められたルールに乗っ取って、勝つ確率が高い馬券だけを
買い続けることで地道に資産を増やしていくことだって可能なんです。

 

それが、ギャンブルではなく投資という視点での競馬の捉え方です。

 

では、ついつい負けが込んでしまいそうでギャンブルとしてなかなか一筋縄にいかない、
お金が減ってしまいがちな競馬ですが、どうすれば投資という観点に切り替えられるのでしょうか?

 

それには、コツがあります。

 

 

競馬で勝つ最善の方法は、単勝勝負

 

競馬では、様々な馬券があります。

 

一昔前までは、単勝、複勝、枠連、馬連しかありませんでしたが、
競馬人気停滞に多止めをかけるために、馬券の種類が増えました。

 

3連複、3連単と増えていき、現在では主要5レースの1着を連続で当てるという
WIN5という馬券まで誕生しました。

 

特に3連単やWIN5というのは当たると非常に大きく、
万馬券や10万馬券というのも当たり前のような世界です。

 

でも、考えてみればわかるのですが、
15頭とか18頭とか馬が出走するレースです。

 

1着から3着までをピッタリ当てたり、
1着の馬を5レース連続で当てるのってかなり難しいですよね。

 

実際に私も、3連単を当てたことなんて2回くらいしかありません。

 

それで利益を出していくことは非常に難しいんです。

 

でも、単勝の場合はどうでしょう?

 

単勝であれば、10数頭の中から1着にくる馬をあてるだけなので、
2頭分ではなく1頭分の予想だけで済みます。

 

もちろん、それでも簡単に当たるかと言うと案外そうではなくて、
1番人気だけかけ続けていても、数回に1回しか1番人気がこなかったり、
きても1.5倍とかでトータルで見たらあまり利益にならなかったりします。

 

でも、確率論の観点から言うと単勝が一番効率がいいんです。

 

データを分析して、1番人気だけ賭けるのではなく、
1番人気〜5番人気の中から1頭を選ぶとか、
新馬馬は荒れやすいから避けるとか色々と研究をしていくんです。

 

あるいは、当たる 予想サイトの会員になって、支持される通りに
馬券を買っていくだけで十分な利益が出せる場合もあります。

 

実は、競馬で勝ち続けていくのは単勝が一番近道である、
というのは投資競馬の世界では常識ですらあるくらいなんですね。

 

1番人気の馬の場合でも、2倍や3倍ではなく4倍以上付くこともあります。

 

その場合、1万円を賭けたら4万円手元に返ってきて、
3万円の利益を一瞬にして得ることができます。

 

あるいは、1頭だけ1.5倍くらいの抜けた人気で、
次が6倍とか7倍とかで続いている場合もチャンスの可能性はあります。

 

なぜなら、1番人気の馬がこけた場合は非常においしい馬券になるからです。

 

投資競馬でお金を地道に増やしていくことは不可能ではありません。

 

実際に私は、確実に利益を出している予想サイトも知っています。

 

ただ、投資競馬をやるにあたって注意して欲しいこともあるんですね。

 

 

投資競馬で儲けたお金の税金に注意

 

競馬の場合は、基本的にハズレ馬券は経費として認められません。

 

「ハズレ馬券は経費だろう」と思ったかも知れませんが、
そういうわけにはいかないんです。

 

最も、ハズレ馬券が経費として認められた判例も以前ありましたが、
これは何十億とつぎ込んで事業化していると認められたからであり、
特例中の特例と思った方がいいでしょう。

 

投資競馬をやるのはいいのですが、週に5万、10万円とお金をつぎ込む場合、
年間で数百万円ものお金を使う計算になります。

 

その場合の税金って確実に数十万はいってしまいますから、
覚悟が必要になってくるということですね。

 

と言うわけで、I PATから買った場合は銀行口座にお金が振り込まれるので、
税金のことを気にするのであればウインズや競馬場で直接馬券を購入した方がいいでしょう。

 

そのあたりのことも考慮して馬券を買っていくことをお勧めしたいと思います。

 

また、やってしまいがちなのが、ついつい熱くなってしまって
当初予定以上のお金をつぎ込んでしまうこと。

 

「このレースに関してはいつもの3倍くらいのお金を投資しよう」とか、
「負けた分のお金を回収するためにいつもより賭けよう」という
モードになってしまっては、投資競馬どころか危ないギャンブルです。

 

自分の感情を制御して理性で勝負してく賢さが大事になってきますね。

 

競馬で稼いで、会話術を鍛えるのもいいかも知れません。

 

更新履歴